[赤]フォン・シプレ/ルージュ・キュヴェ G

ドメーヌ・フォン・シプレ
ルージュ・キュヴェ G
Domaine Fond Cypres
Cuvee G

タイプ  赤
味わい  辛口
VT   2018
国    フランス
地域   ラングドック
品種   グルナシュ100%
栽培   ビオロジック(有機農法)
容量   750ml

グロゼイユ、グリオット、フランボワーズのジャム、クレソンの香り。ワインはふくよかで甘みを感じるくらいに熟したピュアな赤い果実味が口に広がり、後からキメの細かいタンニンのタンニンの収斂味がボディを引き締める。

グルナッシュ100%(平均樹齢38年)。前身はシャソルネイ・ドゥ・スッド。
2018年からフレッドとのコラボを卒業しフォン・シプレの名前でリリース!

キュヴェ「G」は(グルナッシュ)Gの頭文字。
Gのコンセプトは(変更なしで)骨格のある華やかなワイン。

2018年は、アルコール度数が14.5%もあるが、果実味がとてもジューシーでエレガント!
ちなみに、ロドルフは夏の間はこの「G」を氷の入ったバケツに冷やして飲むそう。
「キンキンに冷やしてアペリティフから始まり、ワインの温度が上がってくる頃に食事と一緒に飲むのがパーフェクト!」と彼は言う。
後味にキメの細かいタンニンの収斂味があるが、確かに彼の言う通り温度をを低めに冷やして飲んでも美味しい。


■生産者
ドメーヌ・フォン・シプレ
Domaine Fond Cypres
本拠地:ラングドック
造り手:レティシア

師匠フレッドの助言とレティシアの感性が生んだラングドックのシンデレラワイン

世界遺産に登録されている城塞都市カルカソンヌを東に30劼曚豹覆鵑澄▲潺優襯凜ワとコルビエールの境目にある村エスカル。そこにドメーヌ・フォン・シプレがある。ブドウ畑は、ドメーヌのまわり一面を取り囲むように、南を背に標高の低い場所から小高い丘に沿ってテラス状に広がる。気候は地中海性気候で夏は暑く乾燥しやすいが、畑が北斜面にあるおかげで、年中風の通りが良く、ブドウは直射日光から守られる。また、石灰質の分厚い粘土層は、ブドウに細かいチョークのようなミネラルエキスを潤沢に与える。このドメーヌ周辺は、ワインの他にカルカソンヌの郷土料理に代表されるトマト風味のカスレや鴨のコンフィ、オリーブなどが有名。

ドメーヌの当主であるレティシアは、高校を卒業後1985年パリで美術商を目指し学んでいたが、一生の仕事ではないと判断した彼女は、美術商の道を諦め、1988年南の両親の下に戻り、彼らと共にカルカソンヌ郊外でシャンブル・ドット(民宿)を始める。当時、彼女の両親は祖父から引き継いだ畑5haを有しており、高校の教師をしていた父親がワインづくりを兼業していた。1998年、エスカル村にカーヴ付で7haのブドウ畑がまとまって売りに出ていたのを知った父親は、畑を買い替えることを決める。この時ワインづくりに興味を持ち始めた彼女は、同年カルカソンヌのワイン学校に通い始める。翌年の1999年にはドメーヌの丘の上の森を6ha開墾しブドウを新たに植え、着々とドメーヌ立上げの準備を整える。それから5年後の2004年、父親が教師の定年を迎えたのを機にシャトー・フォン・シプレを立ち上げ、彼女がオーナーとなる。2005年、彼女の夫であるシャソルネイ・デュ・スッドの共同管理者ロドルフ・ジャネジニを通じてフレデリック・コサールに初めて出会う。2010年、ドメーヌ経営とワイン造りに行き詰っていたレティシアだったが、フレッドのアドバイスを取り入れワイン造りを一新し、ワイナリー名もシャトーからドメーヌに変え新たな再スタートを切る。

完熟したブドウでエレガントなワインをつくる、畑の区画ごとの個性を見極める

オーナーのレティシアは、父親と夫であるシャソルネイ・デュ・スッドの共同管理者ロドルフと 3人で現在18haの畑を管理している。(繁忙期は季節労働者数名を雇う)ブドウ品種は、白ワイン用のブドウであるグルナッシュ・ブラン、ヴィオニエ、ルーサンヌ、そして赤ワイン用のブドウのシラー、グルナッシュ、カリニャン、サンソーがある。ワイン総生産量は630hL前後だが、その内の約半分はまだワイン農協に桶売りをしている。元々ドメーヌを立ち上げた時からBIOに興味があり畑も有機だったが、2005年にフレデリック・コサールと出会って以来、ヴ ァンナチュール、特に酵母無添加、SO2ゼロのワイン醸造に興味を持つ。2010年、フレッドのアドバイスによりドメーヌは見事な改革を遂げ、ワインのスタイルもカジュアルなものからより繊細でかつ重厚で高級感のあるものに変化させた。彼女の現在のモットーは「完熟したブドウでエレガントなワインをつくる!」こと。シンプルだが、南では殊更両立の難しい永遠のテーマを自らに課す。四六時中ワインのことばかり考えている、根っからのヴィニョロンだ。

出典:インポーター資料
販売価格 2,480円(税抜)
購入数



>> My favorite items

※実店舗でも販売しており、ご注文タイミングにより売切れる場合があります。

自然派ワイン・ナチュラルワイン・ヴァンナチュールの通販
VISA / DINERS / MASTER / JCB / AMEX

自然派ワイン・ナチュラルワイン・ヴァンナチュールの通販
Amazonで利用中のクレジットカードと住所がご利用いただけます。



初回購入で200PTプレゼント!
初めてのお買い物時に”カート画面”で会員登録後、200ポイントプレゼント!

New items 新入荷した自然派ワイン・ナチュラルワイン





Best items 直近1ヶ月通販売れ筋 自然派ワイン(ナチュラルワイン)TOP6



Pick up item 今月のおすすめ 自然派ワイン(ナチュラルワイン)




















ナチュラルワイン・自然派ワイン・ビオワイン・ヴァンナチュールの通販
Amazonで利用中のクレジットカードと
住所がご利用いただけます


ナチュラルワイン・自然派ワインの通販
Thank you PAPA 6/21父の日特集

ナチュラルワイン・自然派ワイン・ビオワイン・ヴァンナチュールの通販
当店がおすすめするオレンジワインはこちら

初心者向けのおすすめナチュラルワイン・ヴァンナチュール
初心者におすすめの自然派ワイン

ナチュラルワイン・自然派ワイン・ビオワイン・ヴァンナチュールの通販
新着入荷ワイン情報も更新中

ナチュラルワイン・自然派ワイン・ビオワイン・ヴァンナチュールの通販
「最高に美味しい自然ワイン図鑑」
自然派ワインの造り手たちの世界観を理解できますよ!

ヴァンナチュール・ナチュラルワインの通販
自然派ワイン・ナチュラルワインとは?

ナチュラルワインの通販
セルクルオーナーソムリエ鎗田順一
おすすめ自然派ワインセット

ナチュラルワイン・自然派ワイン・ビオワイン・ヴァンナチュールの通販
第二ロマネコンティと称される自然派ワイン

ナチュラルワイン・自然派ワイン・ビオワイン・ヴァンナチュールの通販
きれいで完璧なブドウを収穫すること


ナチュラルワイン・自然派ワイン・ビオワイン・ヴァンナチュールの通販
おいしいワインはインポーターで選ぶ
信頼できるインポーターで選べば
美味しい自然派ワインに辿り着く

店主紹介

オーナーソムリエ 鎗田順一
CERCLE / Junichi Yarita

星野リゾートを経て、上質な軽井沢ライフスタイルをサポートする「CERCLE」をオープン。飲食で人を幸せにすることを胸に美味しい時間を全国にお届けします。
趣味:アウトドア全般 / 出身:東京都文京区

造り手の想いや土地を感じられること、
家での食事が贅沢になること
この2つをセレクトの理念とし、上質な自然派ワインのみを信頼できる小規模なインポーター(輸入商社)からのみ入荷しています。

■取扱インポーター
ヴァンクロス、オルヴォー、アストル、ディオニー、稲葉、木下インターナショナル、ヴァンクゥール、ヴィナイオータ、アイワインハピネス、AMZ、ワインインスタイル、ヌーヴェルセレクション、W、ヴィノラム、トレジャーフロムネイチャー、ラシーヌ、野村ユニソン、ノンナアンドシディ、日仏商事、リュードヴァン、アパチャーファーム、アルカンヴィーニュ、ぼんじゅーる農園、シクロヴィンヤード、ドメーヌオヤマダ、ドメーヌポンコツ、シャトーメルシャン、マンズワイン、アズマコーポレーション、VIVIT

CERCLE(セルクル)という店名は、お客様と生産者、我々、この三者の繋がりを大事にしたいとの思いからつけられました。生産者というドラマを感じる選択肢の中から、各個人やTPOに合わせて選んでいただければ、より幸せな時間を過ごしていただけます。自然派ワインを楽しんでいただく場として当店の通販ショップをご利用いただければと思います。


営業日カレンダー

2020年6月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
午前10:00までのご注文は最短即日出荷!ご注文確定後、即日〜7日以内に発送。日時指定も対応しております。
当店は年中無休(不定休)です。店休日は赤文字で表示します。
自然派ワイン入門
自然派ワイン入門
自然派ワインの世界をわかりやすく
理解できる入門書だと思います。

ナチュラルワイン: いま飲みたい 生きたワインの造り手を訪ねて
自然派ワイン・ナチュラルワイン
生きたワインの造り手を訪ねて
映画や読書を楽しむように、
好きなワインを好きなように楽しもう。

アウトローのワイン論
アウトローの自然派ワイン論
自然派ワインの伝道師・勝山さんが語る
自然派ワインの楽しみ方
Top