ナチュラルワイン・自然派ワインの通販サイト

ファーム・トゥ・テーブル・ワイン
ブドウ畑から食卓に。健康的な大地で育った、生命力溢れるナチュラルワインを通販でお届け。


星野リゾート・ハルニレテラスにあるナチュラルワインショップのCERCLEです。自然とともに生き、ブドウを育む大地、その土地の風土や文化、畑や品種の個性を大切にしながらワイン造りに勤しむ造り手たちの、最高においしいナチュラルワイン(自然派ワイン)を通販でも販売しています。

ナチュラルワイン・自然派ワインとは?

--------------------


「健康の維持・向上を求めるのであれば、大地を大切にするところから始めるべきだ。畑の土が自然な状態であれば、その土壌が育てた作物も健康になり、その恩恵を我々が享受することになるのだから」
サー・アルバート・ハワード(オーガニック農法の父・イギリス人 植物学者)


「ワインのための最高のブドウ造りは、生命力に満ち溢れた土壌から始まる」
クロード(土壌微生物学者)


「自然のままに、自然とともに働くことが本質であり、自然と闘おうとはなんと愚かで無謀な試みでしょう。私たちは自然と共存しているということを忘れてはなりません」
ディアードレ・ヒーキン(アメリカ・バーモンド州の造り手)


「ワインは常に自然とともにあるべきもので、大事なのはできるだけシンプルに醸造すること。決してコントロールしようとしてはいけない」
ディニ・ディルブ(ワイン醸造学者)


「ワインは、ブドウが育った畑の個性や大地の息吹をありのままに反映した飲み物であるべきだ。それが感じられないワインには、造り手の一人として疑問を禁じえない」
ニコラ・ジョニー(ビオディナミ農法の伝道師・フランス・ロワールの造り手)


「すべてのものがお互いにつながっているのだから、地球規模の視点をもってワイン造りに取り組んでいきたい。ブドウを育む大地の声に耳を傾け、その大地を大切にして次の世代に引き継ぐことこそが、僕の仕事だ」
ブノワ・マルゲ(フランス・シャンパーニュの造り手)


「正直、今でもこの小さな村に戻り、ワインを造っている自分が信じられません。でも私は事実、ワインを通じて世界としっかりつながっている。そんな気がしてならないのです」
アテナイス・ド・ベル(フランス・シャブリ村の造り手。金融の仕事を辞め先祖代々のシャトーを継ぐ)


「素晴らしいワインとは生産規模の大小に関係なく、醸造家が自然に敬意を払いながら育てたブドウで造ったものだ、という結論にいたった。本物のワインというものは、その地域・土地の文化やテロワールを表現した一杯であるべきだ」
ジェーン・アンソン(ボルドー在住のワインライター)


「私たちはワイン造りにおいて、この飲み物がもつ本来の味わいと香りをそのまま表現すべきだと考えている。そのための一つの方法として、発酵には自然酵母を使っている。約300もある人工酵母などを使用しては、それが台無しになってしまうからね。だから1人でも多くの人に私たちのワインを飲んでいただき、ワイン本来の風味がどんなものかを考えてもらうきっかけになればと思っている」
ペーター・ヤコブ・キューン(ドイツの造り手)


「大切なのは、その土地のテロワール(個性)をしっかりと表現したワインを造ることだ。そのためにビオディナミ農法は欠かせない。なにせ信じられないくらいブドウや畑に活力や生命力を与えてくれるんだ。そんなブドウや大地の息吹を感じるワインを造ることこそが、私の使命だと思っている。何らかのイデオロギーやマーケティングのためではなく、醸造家としての義務と言っていい」
ランドル・グラム(アメリカ・カリフォルニアの造り手)


「ブルゴーニュの土壌は石灰質でミネラル分が豊富なので、自然とエレガントなスタイルのワインになります。一方、オレゴンの土壌はほぼ火山性土壌。まったくと言っていいほど個性が異なるのです。でも過剰に新樽を使ったり、無駄に手を入れたりしたら、ピノ・ノワールの素晴らしさを消してしまうことになりかねません。だから日々、試行錯誤の繰り返しですが、このドメーヌ・ドルーアン・オレゴンはファーストビンテージから今年で30周年を迎えることができました。毎年、さまざまなことを学べることに心から感謝しています」
ヴェロニク・ドルーアン(アメリカの造り手)


「ブドウのポテンシャルを信じ、人の介入を最小限に抑えた醸造を心掛けている。その結果、ブドウ本来の果実味にあふれたワインが出来た時の達成感は、言葉では言い表せない」
フランク・ビュイッソン(フランス・サンロマンの造り手)


「哲学を持ってブドウを栽培しているのだから、オーガニックの認証マークなどいらない。畑はいつも馬と自分の手で耕し、殺虫剤だってもう7年も使っていない。使用する肥料もオーガニックのものだけだ」
ステファン・オジェ(フランス・コート・ロティの造り手)


「ひと口に良いワインと言っても、シンプルなものもあれば、複雑な味わいもある。だが何よりも大切なのは、飲んだときに喜びを与えてくれることだと思う」
シュゼッペ・ヴァイラ(イタリア・ピエモンテの造り手)


「今日、さまざまなオーガニックの食品やワインがスーパーで扱われるのを見ると心が救われる。でもビオディナミ農法はさらにその先を行なっている。つまりビオディナミ農法は、ワインが持つスピリチュアルな側面と、私たちの自然とのつながりを再認識させてくれるものなんだ」
ジュラール・ベルトラン(フランス・ミネルヴォアの造り手)


「この地で生まれ育った私たちには、マス・ド・ドマ・ガサックの血が流れている。両親がしてくれたように、我々の子供たちにもこの素晴らしい土地を残してあげたい」
サミュエル・ギベール(フランス・ランドロックの造り手)


--------------------


これらは全てジェーン・アンソン著「最高に美味しい自然派ワイン図鑑」に掲載されている自然派ワインの造り手たちのメッセージの一部で、当店が販売するワインの魅力を伝える目的で引用しています。


皆さんはこれらのメッセージから何を感じたでしょうか?



すべてのものがお互いにつながっている考えの中で、
まるで、ワインを母から生まれる子供のように
母なる大地を大切にし、ワインが本来の姿で健康に生まれるために
懸命に努力する造り手たち。

大地そのものであるワイン。
母なる大地である地球で誕生した人。

彼らの造るナチュラルワインを飲んだときに感じる不思議な喜びの感覚の正体。
そうか、これは地球、人の生命力だったのだ!!


「本当に美味しいワインは魂が揺さぶられるような感動がある!それがVin Vivantだ!」
フレデリック・コサール(第2の『ロマネコンティ』と称されるワインを造るフランス・ボジョレーの造り手 )

なるほど!!でもVin Vivantって何だ??・・



・・・といったような感じで、
造り手の思想や哲学、世界の土地、テロワール(畑の個性)を自分なりに自由に表現し楽しむことができるのがナチュラルワイン(自然派ワイン)の世界の魅力です。また造り手同様、飲み手も日々学びの連続で、上級者の方には地球のみならず無限の宇宙を感じることができる方もいるかも知れません。

多くのナチュラルワイン(自然派ワイン)の造り手が採用するビオディナミと言われる農法があります。 これは、すべての生命体は地球を含む宇宙の営みの影響を受けているとし、それぞれの生命体が備えている自己適用能力や免疫力を引き出すために月や星など天体の動きに合わせて農作業が行われるもので、化学薬品を使わない伝統的なオーガニック農法(ビオロジック)をさらに進化させたものでもあります。 このあたりの学びも深めるとより感性がまた変わることかと思います。

このように当店では、自然とともに生き、ブドウを育む大地、その土地の風土や文化、そして土着品種(その地に根付いたブドウ)や固有品種(その地特有のブドウ)の個性を大切にしながらワイン造りに勤しむ造り手のナチュラルワイン(自然派ワイン)のみを販売しています。

例えば、伝統的でオーガニックなブドウを造るために畑に生け垣を設けることで生物多様性の維持を試みたり、テロワール(畑の個性)を意識したワイン造りにとどまらず、二酸化炭素などの排出量を減らしたり、環境に配慮した農薬を使ったり。 ブドウがどのようにでき、ナチュラルワイン(自然派ワイン)がどのようにして造られているかを意識するとより深い楽しみを体験できます。そして、彼らの造るワインは、珠玉の味わいであることはもちろんのこと、料理との時間を特別なものにする力があります。

当店で購入できるナチュラルワイン(自然派ワイン)は、有名実業家や著名な作家など軽井沢の食通たちが通うレストランセルクルのオーナーソムリエでもある鎗田順一が、信頼できる小規模なインポーターからのみ入荷した間違いないものばかり。鎗田順一の秘蔵コレクションといっても過言ではありません。

ぜひ皆さまも自由に表現して、最高においしい時間をお楽しみください。


--------------------


ナチュラルワイン(自然派ワイン)の主要農法
大きくはリュット・レゾネ、有機農法、ビオディナミと3種類に分類されます。

.螢絅奪函Ε譽哨諭文最戚農法)
化学肥料や除草剤は使用しないで栽培することが基本ですが、どうしても必要となった場合は農薬をごく少量散布する。

▲咼ロジック(有機農法)
●化学肥料、除草剤、農薬、殺虫剤の使用不可
●機械による収穫の禁止
●ボルドー液の使用可

ビオディナミ(有機農法よりもさらに踏み込んだ生力学農法)
●有機農法(化学肥料、除草剤、農薬、殺虫剤の使用不可)
●天然由来のビオディナミ調合剤を使用
●太陰暦に基づく「種まきカレンダー」の使用
●亜硫酸塩添加の制限(EUのオーガニック規定よりも厳格)


--------------------


ナチュラルワイン(自然派ワイン)ショップ CERCLEのお得なサービス

チルド(冷蔵)便料金無料!
美味しい状態のワインをお届けしたい想いから、大変お買い得な配送料でサービス中!
20,000円以上お買い上げで、配送料無料!午前10時迄のご注文は最短即日出荷(全日営業)

初回購入時200PTプレゼント!
会員登録後、初めてのお買い物時に200ポイントプレゼント!

ギフトにラッピング無料!
大切な人への贈り物に。無料のラッピングから、ギフトボックスをご用意しております。

※実店舗でも販売している為、ご注文のタイミングにより売り切れる場合があります。
※未成年者へのお酒の販売は致しません。

New items 新入荷した”特選”自然派ワイン・ナチュラルワイン



Pick up items 入手困難!希少な限定自然派ワイン・ナチュラルワイン





自然派ワインの通販
新着入荷ワイン情報も更新中

自然派ワインの通販
第二のロマネコンティと称されるワイン


店主紹介

オーナーソムリエ 鎗田順一
CERCLE / Junichi Yarita

星野リゾートを経て、上質な軽井沢ライフスタイルをサポートする「CERCLE」をオープン。飲食で人を幸せにすることを胸に美味しい時間を全国にお届けします。
趣味:アウトドア全般 / 出身:東京都文京区

■理念
造り手の想いや土地を感じられること、
家での食事が贅沢になること
この2つをセレクトの理念とし、上質な自然派ワインのみを信頼できる小規模なインポーター(輸入商社)からのみ入荷しています。

■取扱インポーター
ヴァンクロス、オルヴォー、アストル、ディオニー、稲葉、木下インターナショナル、ヴァンクゥール、ヴィナイオータ、アイワインハピネス、AMZ、ワインインスタイル、ヌーヴェルセレクション、W、ヴィノラム、トレジャーフロムネイチャー、ラシーヌ、野村ユニソン、ノンナアンドシディ、日仏商事、リュードヴァン、アパチャーファーム、アルカンヴィーニュ、ぼんじゅーる農園、シクロヴィンヤード、ドメーヌオヤマダ、ドメーヌポンコツ、シャトーメルシャン、マンズワイン

CERCLE(セルクル)という店名は、お客様と生産者、我々、この三者の繋がりを大事にしたいとの思いからつけられました。生産者というドラマを感じる選択肢の中から、各個人やTPOに合わせて選んでいただければ、より幸せな時間を過ごしていただけます。自然派ワインを楽しんでいただく場として当店の通販ショップをご利用いただければと思います。


営業日カレンダー

2019年9月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
当ショップは年中無休(不定休)です。店休日は赤文字で表示します。店休日のご注文は休明けの発送になります。

Top